Uncategorized

知識0から独学(30時間)で簿記3級に1発合格した勉強法。

投稿日:

存確認OK!

どうも、のぶです。

 

今回は、

簿記3級に合格した勉強法をお伝えします。

 

タイトル通り私は、

簿記に関する知識が0の状態でした。

そもそも簿記が何を言ってるか

わからなかったです笑

 

とりあえずお金に関する資格

というイメージでした。

 

あなたも何かしらの理由で簿記3級を

取得したいんですよね。

 

私も最初は何から始めて良いのか

わからなくて悩んでいました。

悩みながらも独学で1発合格ができました。

 

この記事を読んであなたも簿記3級を取得するイメージを掴みましょう!

 

 

 

 

簿記3級に独学で1発合格した方法

簿記3級に独学で1発合格した方法

 

私が簿記3級を取得したのは

2017年6月に行われた第146回目の

試験になります。

 

勉強期間としては1ヶ月前に参考書を購入し

3週間かけて読みました。

飽きて読んでの繰り返しでしたね。

そして1週間前に過去問を購入しました。

 

勉強時間としては約30時間です。

自慢に聞こえると思いますが、

自慢ではない理由を話していきますね。

 

目的の確認

メンタル面を1点だけお話しさせてください。

 

何事も目的の設定は大切です。

あなたが

簿記3級を取る目的はなんでしょうか?

 

私の場合は

1番使えそうな資格だったからです。

結局全然使わないですけど笑

 

もしも簿記3級への勉強時間を何か他の時間に

当てた方が有益だと考えるなら、

簿記3級を取得しないのも1つの手です。

 

それを判断するためにも

目的を確認してみましょう。

 

参考書で独学(20時間くらい)

参考書で独学

独学で合格を目指すなら

参考書は必須だと考えます。

 

理由はネットで勉強をすると

効率が悪いからです。

ページの読み込みが遅れるだけで

勉強に支障が出てしまいます。

 

私の場合はネットだと

動画を見たくなってしまうので

参考書にしました。

 

独学は

自己管理能力がかなり必要になります。

参考書で勉強への意欲を引き出しましょう。

 

私が購入した参考書がこちらです。

多くの方がオススメしていると思います。

それだけわかりやすいです。

イラスト付きで丁寧な解説もあります。

 

私も当時は何も考えずに

この参考書を購入しました。

 

 

参考書は読むだけです。

 

「書かなくて良いの?」なんて

不安になるかもしれません。

ですがその考えは危ないです。

 

なぜなら書くことが目的になって

内容が頭に入らない可能性が高いからです。

 

それならとことん読んで理解しましょう。

 

過去問に手をつける前に

私は以下の状態にしました。

過去問を購入する直前の状態

・勘定科目の貸方・借方がすぐに判断できる

・それぞれの勘定科目の役割を理解できる

・帳簿を解くイメージができる

・貸借対照表の苦手な部分を自覚している

・損益計算書の苦手な部分を自覚している

____________________

 

参考書を読んでない時も頭の中で復習をし、

簡単な問題は瞬時に解けるようにしました。

 

本番の試験で

難しい大問3と5に時間をかけるためです。

実際に大問1、2、4は30分ほどで

終わらせました。

(簿記3級の試験時間は2時間です)

 

過去問で独学(10時間)

過去問で独学

しっかりと参考書を読み込んだ状態で

過去問を買いました。

 

買った過去問はもちろんこちらですね。

同じシリーズになります。

 

まずは過去問を3回分行いました。

ここでは合格点に届かず、、

重要なのは知識の確認です。

 

最初は大問3と5で苦戦しました。

反対に、参考書を読み込んでいたおかげで

1、2、4は点を取れました。

 

知識を確認した後に過去問を2回分行い、

再確認します。

 

この時点で1、2、4の正答率は

90%を超えていたのでもう手はつけません。

間違えた問題もケアレスミスが多かったので

時間を使う必要はないでしょう。

 

あとは予想問題の

大問3と5だけを解いていきます。

 

私の場合は減価償却と貸倒引当金が

苦手な部分と自覚していたので、

解説を何度も読んで理解しました。

 

 

まとめ

簡単に私の勉強法をまとめます。

 

簿記3級の勉強法

【参考書】

1.理解しながら読む。

2.参考書が読めない時は頭で復習する。

3.苦手な部分を自覚する。

【過去問】

4.過去問を3回分行う。

5.点の取り方を分析する。

6.大問3と5のみを解く。

7.苦手な部分だけを解く。

 

70点以上で合格です!

私はこの方法で合格しました!

 

頑張ってくださいね!!

 

-Uncategorized

Copyright© のぶは毎日生きている。 , 2019 All Rights Reserved.