人間関係

「人間・他人嫌いって実は、、」深層心理には1つの原因があった?

投稿日:5月 21, 2019 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

生存確認OK!

どうも、のぶです。

 

今回は人間・他人嫌いの原因などについて

話していきます。

 

あなたは身の回りの他人や

人間全般が嫌いでしょうか?

そこには1つの深層心理があるんです。

 

 

早速ですが、

あなたが1番関わっている人間って

誰でしょう?

 

親しい親しくないは

一旦置いて考えてみましょう。

 

とても仲の良い同級生

気の合う同僚

家族

 

多くの方の顔が思い浮かぶでしょうか。

 

 

その中にあなた自身はいましたか?

そうなんです。

あなたが1番関わっている人間は

100%あなた自身です。

 

 

人間・他人嫌いって実は自分自身が嫌い。

これが深層心理になります。

 

 

 

 

人間・他人嫌いって実は、、

人間・他人嫌いって実は、、

 

これから先ほど話した、

深層心理について、

人間嫌いのメリット、

少しでも改善したい人ための方法

 

以上の3つを話していきます。

 

原因はあなた自身

原因はあなた自身

 

先ほど、あなたが1番関わっている人間は

あなた自身だと話しました。

意外と意識していなかったのでは

ないでしょうか?

 

その人の印象によって、

好きと嫌いは変わります。

 

 

運動が嫌いなのはそれまでに、

スポーツで失敗した、

運動音痴だとバカにされた、

経験から自身が運動嫌いと決めたからです。

 

 

勉強が嫌いなのはそれまでに、

テストで悪い点を取った、

勉強しても結び付かなかった、

経験から自身が勉強嫌いと決めたからです。

 

 

人間嫌いの場合はどうでしょうか?

過去の様々な経験から何かが嫌いになり、

その何かを嫌いになった自分を嫌いになり、

 

自分という人間が嫌いだから

他の人も嫌いになる。

 

 

あなたは自分自身のことを好きでしょうか?

おそらく好きではないですよね。

 

自信がなくて、

毎日をだた生きているだけ

ではないでしょうか。

 

 

人間への好意も運動や勉強と変わりません。

あなた自身がどう感じているかによります。

 

そして、家族や友人が人間という印象が

付いていますが、

あなた自身も含まれています。

 

自分自身という人間が嫌いであれば、

周りの人も嫌いになるのは当然ですよね。

 

あなたは気づいてないかもしれませんが、

他人が嫌いな人には必ず、

自分(人間)が嫌いという

深層心理が存在しています。

 

悪いことばかりじゃない

悪いことばかりじゃない

 

深層心理に気づいたあなたは、

「自分が嫌いって確かに」

「薄々気づいてたけどそうだったんだ」

なんて考えているでしょうか?

 

中には、

「人間が嫌いな自分は生きて良いの、、?」

「良い場所ないんだ、、」

なんて考える方もいるでしょう。

 

 

人間・他人嫌いは

悪いことだけではありません。

表面上で上手くコミュニケーションが

できる場合は長所にもなります。

 

下の3つをお話しますね。

・用心深いので騙されない

・本当に親しくなった人は大切にする

・全員を平等に見ることができる

 

用心深いので騙されない

人間・他人嫌いは人を信用しません。

 

前提として印象がマイナスからなので、

「ちょっとだけお話し聞きませんか?」とか

「お得な話ありますよ」など

言われたところで意味ないです。

 

マイナス面ばかりを見るからこそ、

「ちょっとだけとか言って長話する気だろ」

「お得な話を知らない人にするか?」と

疑うことができます。

 

 

その用心深さはあなたにしかないでしょう。

他の人が騙されてしまうような

話でもあなたは騙されないです。

 

本当に親しくなった人は大切にする

そう簡単に他人を好きには

ならないですよね?

広く浅い人間関係なんて

考えられないと思っているはずです。

 

 

そのためあなたが好きと思った他人は

とことん大切にすることができます。

 

全体的にマイナスの中に

プラスがあればどうでしょう。

目立ちますよね。

 

また、そのプラスを大切にしたい

と考える方がほとんどです。

 

なので、

他人が嫌いだからこそ親しくなった人を

大切にすることができます。

 

全員を平等に見ることができる

人間は周囲の人と比べ、

そこに優劣をつけたがります。

ですが、あなたは優劣をつけるのは

興味がありませんね。

 

そのため、

全体を平等に見ることができます。

 

 

平等に見ることができるのは長所なのか?

疑問に思うでしょう。

 

 

現代の多くの人は肩書きによって

人を評価してしまいがちです。

専門家だから正しいことを言っている

学歴が低いから間違ったことを言っている

 

あなたは不思議に思うでしょう。

 

全体を平等に見ることができると、

意見を過信せずに

自分の判断で行動することができます。

 

少しでも改善したいなら

 

良い面も理解したけれど、人間との関わりは

絶対必要不可欠なものだから

少しでも改善したい!というあなたへ。

 

 

人間・他人嫌いの原因は

あなた自身にありました。

 

結論から言えば、あなた自身が

変わることが改善に直結します。

しかし、簡単にはいきません、、

 

 

少しずつ改善を重ねていくしかないです。

 

その方法は3つ考えられます。

・自分に自信をつける

・人との関わりを避ける

・人と多く関わる

 

 

自分に自信をつける方法はこちらの記事を

見ていただければ理解できます。

 

 

人との関わりは避ければいいのでしょうか?

それとも多く関わればいいのでしょうか?

 

それはあなた自身が決めてください。

 

 

人との関わりを避ける場合は、

可能な限り孤独になってください。

最初の間は幸せかもしれません。

 

それでも、

だんだんと身近な人の大切さを認識し、

感謝することができるでしょう。

 

そうなれば人間全体にも

感謝をすることができます。

 

 

反対に多く関わる場合は、

可能な限り人間と時間を過ごしてください。

最初の間は苦しいかもしれません。

 

それでも、ふとした時に

人の良さを認識することができ、

少しずつ嫌いではないかも?と

思えるようになります。

 

そうなれば今と違い、

人の良い部分を見るようになるので

自然と人間・他人嫌いが

改善されるでしょう。

 

 

どちらを選んでも結果は同じ思えますが、

そうではありません。

あなたの感じ方によりますね。

 

ただ、どちらかの行動をすることで

わかることがあります。

 

少しでも現状を変えたいのなら

避けるか関わるか選びましょう。

 

 

まとめ

 

人間・他人嫌いって実は、、

あなたが自分自身のことを嫌いという

深層心理が原因でした。

 

 

最後に1つだけ伝えさせてください。

 

あなたは、

人間なんて嫌いだ!

他人なんて興味ない!

など思っているかもしれません。

 

 

それではなぜ

この記事にたどり着いたのでしょう?

この記事は人間の心理に関する記事ですね。

 

あなたは嫌いと言いつつも

人間には興味がある。

 

本当に人間が嫌いなのでしょうか?

何らかの経験から、

人と向き合いたくないと思っているだけ

だと私は思っています。

 

どこかにあなたと

向き合ってくれる人はいるとわかっていても

怖いから踏み出せない、、

 

 

深層心理を知って

どうしたかったのでしょう?

悩みの原因を知って

あなたはこれからどんな行動をしますか?

 

-人間関係
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.