生き方

【言い訳をしない方法】言い訳をやめるにはプライドを捨てましょう。

投稿日:6月 22, 2019 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

生存確認OK!

どうも、のぶです。

 

今回は言い訳をしない方法を

話していきます。

 

あなたは「でも」「だって」などを

多く使う言い訳がましい性格ですか?

昔から「〇〇がないから」と

言い訳をして色々諦めてきたはずです。

 

時間がないから、

お金がないから、

能力がないから、、

 

 

しかし、今のあなたは

言い訳をやめたいと考えていますね?

 

言い訳をしない人は紳士的で憧れますよね。

あんな風になれたら良いなと思いつつも、

やっぱり自信が、、とどこかで思うはず。

 

 

結論を言うと、あなたのプライドを捨てると

言い訳をやめられます。

簡単ではありませんが

自信は必要ありません。

 

言い訳をしない人になって

自信をつけましょう!

 

 

 

 

言い訳をする人の特徴

言い訳をする人の特徴

 

あなたは

言い訳をする人の特徴を知っていますか?

あまり意識したことがありませんよね。

 

自分自身を客観的に見るのは難しいです。

そのため、言い訳をしない方法の前に

特徴を知ってください。

 

特徴を知った方が

言い訳をやめるのが早いでしょう。

以下の5つを話します。

 

・半分以上は気づいていない

・他人任せ

・本音を言わない

・実力がないことを知っている

・色々諦めている

 

半分以上は気づいていない

 

言い訳をする人の半分以上は

自分が言い訳をしていることに

気づいていません。

 

反射的に言い訳をしてしまいます。

 

言い訳をする人と話していると、

必ず「でもさ」「だってさ」と言う言葉を

初めに発します。

 

本人に「でも、だって、多くない?」と

質問しても「そうかな?」と

言われることが多いでしょう。

 

 

口癖はその人の性格を表してしまいます。

ポジティブであれば

違った口癖になる気がしませんか?

 

言い訳ばかりの人は

ネガティブとも言えますね。

 

物事を否定的に見てしまうのは

無意識なので、

中々気づけない部分です。

 

他人任せ

他人任せ

 

言い訳をする人は基本的には他人任せです。

責任を持つのが嫌いなために、

言い訳をします。

 

少しでも悪くないと思われたいのでしょう。

 

他人がいれば

責任はとことん他人に回していきます。

 

「だって〇〇さんが」とか

「〇〇さんがいないせいで」とか

頻繁に口にします。

 

 

周りの人を信じて

他力本願なのは良いですが、

言い訳をする人は楽になるために

他人を頼ってるので印象は良くありません。

 

本音を言わない

本音を言わない

 

言い訳をする人は本音を言いません。

どこか弱い部分がある、だからこそ

言い訳をして守る必要があります。

 

「(本当はこうだけれど)、でも〜が、、」

という風に

言い訳の前本音が隠されています。

 

多くの場合、言い訳ばかりの人は

隠された本音を自覚していません。

 

 

本音を言いたくないので強がってしまい、

それが反射的に言い訳になっています。

 

実力がないことを知っている

実力がないことを知っている

 

言い訳をする人は

実力がないことを知っています。

多くの失敗経験をしてきたのでしょう。

 

それでも認めたくないので言い訳をします。

本当の実力を悟られないため、

真実を見抜かれないため。

 

「(わかってるよ、、)でも、」

「(それは知ってるけど)時間がなくてさ、」

など口にします。

 

あなたも自覚しているかもしれませんね。

 

 

余談ですが、人には必ず長所があります。

知っているか知らないかの違いですね。

長所を知り、

経験を積めば必ず実力に繋がります。

 

まずは第一歩、

あなたの長所を見つけてみませんか?

私が長所を見つけた方法を紹介します。

 

色々諦めている

色々諦めている

 

言い訳をする人は色々諦めています。

なんて言われたらどう思いますか?

 

 

おそらく納得する人が多いでしょう。

言い訳をしない方法を本気で探している方は

違うかもしれませんね。

 

言い訳をするのは

希望や目標がないからです。

 

これからに対して、

自分自身に対して、

周囲に対して、諦めています。

だからこそ言い訳をして逃げてばかり、、

 

言い訳をしない場合、

物事と向き合って改善する必要があります。

しかし、言い訳をすれば

逃げて楽になれますよね。

 

すでに諦めている人が

逃げる以外の選択肢を選ぶことは稀です。

 

 

言い訳をしない方法

言い訳をしない方法

 

言い訳をする人の特徴を紹介してきました。

当てはまる部分があったでしょうか?

 

ここからは

言い訳をしない方法を話していきます。

あなたが口にする言葉を変えれば

人生が変わります。

 

言い訳をせずに

楽しい人生にしていきましょう!

 

 

1.言い訳をしている自分に気づく

2.自分の欠点を書き出す

 

以上の2ステップでプライドを捨てます。

 

言い訳をしている自分に気づく

言い訳をしている自分に気づく

 

あなたは自身が言い訳した回数を

数えたことがありますか?

言い訳に気づくのが

言い訳をしない第一歩です。

 

1日の中であなたは

どれほど言い訳をしているのでしょう。

どれほど成長のチャンスを

失ってきたのでしょう。

 

 

言い訳しそうになった時、

言い訳してしまった時、

ちゃんと自覚してください。

 

「自分は言い訳を

しそうになった(してしまった)」と。

 

自覚をすると危機感が生まれます。

おそらく、あなたが想像している以上に

言い訳を口にしていますよ。

 

自分の欠点を書き出す

自分の欠点を書き出す

 

プライドを捨てる1番の方法が

自分の欠点を受け入れることです。

そのために

あなた自身の欠点を書き出してください。

 

 

例文は書きません。

なぜなら

あなたの視野を狭めてしまうからです。

 

ただ、何もなければ

思い出すのも大変ですよね。

 

思い出せない方は1日を振り返ってください。

「昨日の自分はどんな欠点があった?」

一昨日は?3日前は?

 

 

あなたの欠点を書き出して書き出して、

最後に受け入れます。

 

どんな心情でしょうか?

 

まとめ

まとめ

 

・半分以上は気づいていない

・他人任せ

・本音を言わない

・実力がないことを知っている

・色々諦めている

以上の5つが言い訳する人の特徴、

 

1.言い訳をしている自分に気づく

2.自分の欠点を書き出す

以上2つが言い訳をしない方法です。

 

 

プライドは捨てましょう!

不必要なプライドは

どんどん捨てるべきです。

 

捨てなければ頭が固くなり、

あなた自身の可能性が狭まるでしょう。

 

変化の激しい時代で、言い訳ばかりして

現状維持を続けたいですか?

 

 

言い訳をやめると決めた方は

今すぐに自身の欠点を書き出してください。

 

 

 

オススメの本

「言い訳」をやめるといいことがたくさん起こる! (王様文庫) [ ウエイン・W.ダイアー ]

created by Rinker
¥616 (2019/08/23 07:08:21時点 楽天市場調べ-詳細)

 

-生き方
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.