人間関係

プレッシャーに弱い方へ。5つの方法で乗り越えましょう!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

生存確認OK!

どうも、のぶです。

 

今回はプレッシャーを乗り越える方法

について話します。

 

あなたは

どんな時にプレッシャーを感じますか?

プレッシャーに弱い方は

多くの場面が思い浮かぶでしょう。

 

 

・プレゼンなどを発表するとき

・相手から高圧的な態度を感じたとき

・何かの本番のとき

・将来が不安になったとき

・大切な決断をするとき

 

 

プレッシャーって大変ですよね、、

首の下らへんに違和感を感じて、

いつも通りにいきません。

 

グーッと締め付けられ、

酸素を吸えなくなりませんか?

酸素がないので頭が回らずに、

圧迫感を感じます、、

 

 

プレッシャーに弱い方へ。

この記事を見てる方で、

もうすぐプレゼンの本番という方は

いないと思っています。

 

ただ、あなたも本番になればプレッシャーで

頭が回らないかもしれません。

 

 

そのため、

5つの中から1つだけ選んでください。

 

「プレッシャーを感じたら

これで乗り越える!」と決めれば

迷わずにプレッシャーを乗り越えられます。

 

プレッシャーに弱いあなたは

何で乗り越えますか?

 

 

 

 

プレッシャーの乗り越え方

プレッシャーの乗り越え方

 

そもそもプレッシャーとは

どういった意味か確認しておきますね。

 

圧力。特に、精神的圧迫。

(goo国語辞書より)

 

ちょっとわかりづらいですね、、

圧力についても調べてみましょう。

 

1 強くおしつけること。

2 武力や権力などで押さえつけること。威圧。

3 押さえつけて規模を縮小させること。

(goo国語辞書より)

 

この記事のプレッシャーは、

「圧に押されて緊張する」という意味で

使っています。

 

もし違うプレッシャーを想像していた方は

別の記事をご覧ください。

 

 

乗り越え方は下記の5つを紹介します。

1.原因を考えてみる

2.仮面を被る

3.成功と失敗をイメージする

4.距離を置いてから向き合う

5.自分を応援する

 

原因を考えてみる

原因を考えてみる

 

何でプレッシャーに弱いのでしょう?

原因を考えたことがあるでしょうか。

 

あまり考えた覚えがないと思います。

 

 

最近プレッシャーを感じたときを

思い返してください。

そして、原因を考えていきましょう。

 

 

例えばプレゼンなどを発表するときに

プレッシャーを感じたとします。

 

原因としては、

・注目されるのに慣れていない

・発表に自信がない

・失敗するのが怖い

・人前で話すのが苦手

以上の4つを私は考えました。

 

 

もう一歩踏み込んでいきましょう。

4つの原因の原因を考えます。

 

そして、

私の場合「過去の失敗」が

プレッシャーを感じる原因とわかりました。

 

小学生の頃に授業中発表をしたら笑われて、

とてつもなく恥ずかしい思いをした過去が

あります。

 

そのせいで

色々な不安を感じてしまうのですね。

 

 

さらにプレゼンなどの発表で

感じたプレッシャーがきっかけになり、

多くの影響が出ます。

 

何かと言うと、他のプレッシャーにも

弱くなってしまうことです。

 

成功させないと!と思うほど、

過去の失敗を恐れて圧迫されます。

 

 

私は失敗への捉え方を変えました!

あなたもプレッシャーを感じる原因を考え、

対策を立てていきましょう。

 

まんがでわかる失敗学のすすめ/小川こうじ/畑村洋太郎【1000円以上送料無料】

created by Rinker
¥1,320 (2019/10/22 23:05:07時点 楽天市場調べ-詳細)

 

仮面を被る

仮面を被る

 

あなたが

プレッシャーで押し潰されそうになったら、

別の誰かを演じてください。

 

1.今のプレッシャーを乗り越えられる人を思い浮かべる。

2.思い浮かべた人の仮面を被る。

3.「プレッシャーを乗り越えられる人だ」と呟く。

 

 

仮面を被った瞬間から、

プレッシャーに弱いあなたは

いなくなります。

 

プレゼンが慣れていて堂々と話す人

本番を最高に楽しめる人

より良い決断ができる人

 

被る仮面はあなたが決めることができます。

実際に会った人でも

過去の偉人でも良いでしょう。

 

大切なのはあなたの頭で考えずに、

別の人になりきることです。

 

可能なら

実際に仮面をつける動作をしましょう。

私は目をつぶって

仮面をつけたりしています。

 

成功と失敗をイメージする

成功と失敗をイメージする

 

プレッシャーに弱い方は

ネガティブ思考が多いです。

そのため、プレッシャーを感じたときは

失敗ばかりを考えてしまいます。

 

「失敗したらどうしよう、、」

「もし最悪の事態になったら、、」

「取り返しはつくのだろうか、、」

なんて考えるでしょう。

 

失敗を考えることで

さらにプレッシャーを感じて、

抜け出せなくなる事もよくありますよね。

 

そんなときは成功も考えてください。

 

 

100の成功と100の失敗を考えます。

 

100成功「他者からの評価も上がって、

自分にも自信がつく!」など

100失敗「誰からも相手されなくなり、

人生に絶望してしまう」など

 

 

2択だとしたらどちらを選びますか?

間違いなく100の成功を選びますよね。

プレッシャーに弱い人は

それだけ成功への責任感も強いです。

 

また、ネガティブで不安になるのは、

わかるはずのない想定外を考えるからです。

 

考えるだけ無駄なんて言いません。

考えても良いですが、

全てを想定内にしてください。

 

 

全てを想定内にするには、

極端な成功と失敗を

イメージする必要があります。

 

そして2択のどちらを

現実にしたいか選ぶだけです。

 

距離を置いてから向き合う

距離を置いてから向き合う

 

期限がなくプレッシャーから逃げれる場合は

距離を置くのも1つの手です。

もちろん、

最終的には向き合わなければなりません。

 

だからこそ距離を置いたときに、

しっかりとリフレッシュをしましょう。

 

 

プレッシャーに弱い方は、

一度プレッシャーを感じると

抜け出せないと思います。

 

まるでアリ地獄のようですね。

考えれば考えるほど奥底へ導かれ、

さらに苦しむ状況に、、

 

意識をしないと難しいですが、

一度立ち止まって時間をとるべきです。

時間を取っている間に、

向き合う決意や方法を固めましょう。

 

 

距離を置くとき、

私は趣味の時間にしています。

 

完全に夢中になる事で頭をリラックスし、

プレッシャーを乗り越える力を充電します。

 

 

自分を応援する

自分を応援する

 

自分を応援してください

なんて言われても戸惑いますよね、、

 

「自分を褒めるなんて、、」

「ナルシストみたい、、」

と思うかもしれません。

なかなかの抵抗感がありますね、、

 

 

そんなときは間接的に自分を応援します。

 

プレッシャーを感じている自分と

全く同じ状況の友人がいたと考えます。

あなたはなんて声をかけますか?

 

「プレッシャーなんて気にすんな!」

「誰でもプレッシャーはあるから伸び伸びとしてね」

「気合いで乗り越えろ!」など

 

少なくとも

マイナスな言葉はかけませんよね?

 

友人にかけた言葉を

あなた自身に言ってあげてください。

言葉は心に大きな影響を与えます。

 

プレッシャーを乗り越えられるような

言葉を使えば、

プレッシャーは乗り越えられます。

 

すごいシンプルな話ですよね。

 

 

不安や緊張の2倍以上

前向きな言葉を自身にかけてください。

 

 

まとめ

まとめ

 

1.原因を考えてみる

2.仮面を被る

3.成功と失敗をイメージする

4.距離を置いてから向き合う

5.自分を応援する

以上5つが乗り換え方でした。

 

 

あなたは次にプレッシャーを感じたとき、

どれを実践しますか?

 

今のままでは

確実にプレッシャーに弱いままですよね。

あなたもわかっていると思います。

それなら何かを変えるしかありません。

 

 

プレッシャーの乗り越え方を身につければ

基本的に一生使えます。

 

多少のプレッシャーを感じることは

当然あります。

しかし、無意識に

プレッシャーを乗り越えようとします。

 

私の場合は仮面を被る回数が多いですね。

時間が取れるときは

5つ全てを実践しています。

 

あなたはどの乗り越え方を実践しますか?

 

-人間関係
-,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.