人間関係

言い訳ばかりする人の3つ心理と5つ対処法

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

生存確認OK!

どうも、のぶです。

 

今回は言い訳ばかりする人の

心理と対処法を話していきます。

 

あなたの側に

言い訳ばかりする人はいますか?

口を開けば

「でも、、」や「だって、、」ばかり。

 

言い訳ばかりする人と関わるのは

大変ですよね。

 

私も対処法を知らなければ

イライラしそうです。

この記事を読まれている多くの方は、

イライラしているのでしょうか。

 

 

できない理由よりも

できる理由を探すべきですよね。

言い訳よりも

しっかり反省や改善をして欲しいですよね。

 

 

そんなあなたへ、言い訳ばかりする人の

心理を知ってみませんか?

 

心理を知って対処法を実践すれば、

イライラは少なくなります。

 

あなたもご存知でしょうが、

言い訳ばかりする人は簡単に変わりません。

この記事を見ているあなたのように、

どうにかしようと思ってないですからね。

 

少しでも気楽に関われる対処法を

知るしかないです、、

 

 

 

 

言い訳ばかりする人の心理

言い訳ばかりする人の心理

 

初めに言い訳ばかりする心理を話します。

「でも」や「だって」の裏側には

何が隠されてるのでしょうか、、

 

 

3つ話していきます。

・責任を負いたくない

・自分の行いを正当化したい

・言い訳をすれば許されると思っている

 

あなたの近くにいる言い訳ばかりする人は

どのタイプですか?

 

責任を負いたくない

責任を負いたくない

 

責任を負いたくないと考えています。

 

本来なら関わった物事に対しての責任を

負うべきですよね。

しかし、言い訳ばかりする人は

責任を負うのが嫌いです。

 

少しでも責任から逃れるために

言い訳ばかりします。

 

 

「いや、時間がなかったので、、」

「だって、仕事量が多すぎますよ」など。

 

責任を負いたくない理由は、

謝罪などをする必要があるからでしょう。

自分の行動を悪いと思ってない

一面もありそうですね。

 

また、個人ではなくチームの場合は

他の人に責任を持っていきます。

 

「だって、〇〇さんが、、」と言い、

自分が1番悪い訳ではないことを

アピールします。

 

責任のない仕事は絶対にないので、

困ってしまいますね、、

 

自分の行いを正当化したい

自分の行いを正当化したい

 

自分の行いを正当化したいと考えています。

 

話が上手ければある程度認められると

思っているのでしょうか、、

理由を言ってるようでも

言い訳にしか聞こえません。

 

 

プライドが高いのが理由でしょう。

自尊心を傷つけられたくないので

言い訳ばかりします。

 

本当は実力がないことを

知っているのかもしれません。

それでも認めたくないので言い訳をして、

自分を正当化しているのでしょうね。

 

 

また、怒られることが怖い一面もあります。

理由を聞かれた時、言い訳でも

納得してくれる可能性はありますよね。

 

部下の言葉をどう捉えるかは上司次第です。

数撃ちゃ当たるとは言いますが、

言い訳は言い訳ですね、、

 

言い訳すれば許されると思っている

言い訳すれば許されると思っている

 

言い訳をすれば許されると思っています。

 

言い訳を言い訳と思っていない。

もしくは、

言い訳による悪影響を知らないのでしょう。

 

心の底から許されると思っている場合も、、

 

 

今まで言い訳をした時に

指摘する人が0人であれば、

本人も自覚できません。

 

甘やかされる環境にいたなら

仕方ないのでしょうか。

 

 

「言い訳しないで欲しい」と伝えた時に

「言い訳?してないですよ」という反応なら

本当に許されると思っているでしょう。

 

どうにかなると思っている心を

正したいですね、、

 

言い訳ばかりする人への対処法

 

言い訳ばかりする人の心理を話しました。

ここからは言い訳ばかりする人への

対処法を話していきます。

 

あなたもこれまで言い訳をされて

困った経験がいくつもあるでしょう。

これから言い訳ばかりする人には

どうするべきなのか5つ紹介します。

 

1.言い訳は気にしない

2.初めから責任を持たせてみる

3.褒めちぎる

4.理由を聞いてみる

5.言い訳の言葉を変えてもらう

 

言い訳は気にしない

言い訳は気にしない

 

「でも、、」「だって、、」と耳にする度に

どうも気にかかりますよね。

言い訳される度に

イライラしてても仕方ありません。

 

言い訳ばかりする人だと割り切って

気にしないようにしましょう!

 

あなたもわかってるとは思いますが、

気にするだけ無駄です。

言い訳ばかりする人は

簡単には変わりません。

 

気にしないのは難しいですが、

対処法の1つにはなります。

 

初めから責任を持たせてみる

初めから責任を持たせてみる

 

やらなければいけない状況になった時、

やらない人はいるでしょうか?

言い訳ばかりする人は

誰か頼れる人がいるから言い訳をします。

 

それなら初めから責任を持たせてしまうのも

1つの手ですね!

 

言い訳ばかりするからダメという

イメージがあるので、

仕事を任せられないかもしれません。

 

しかし、

言い訳ばかりする人の中にも

優秀な方はいます。

 

あなたの思い浮かべている人は

どうでしょうか?

 

 

ただの言い訳ばかりの人なのか、

謙虚すぎる人なのか。

 

それを判断するためにも

丸投げをしたらどうなるかを

考えてみてください。

 

褒めちぎる

褒めちぎる

 

「いつも言い訳ばかり!」と

指摘していませんか?

 

真逆の方法を取るのも対処法の1つです。

言い訳ばかりする人を褒めちぎりましょう!

 

「でも、」と言い訳した場合、

言い訳以上に褒めてみます。

 

褒めることによって

言い訳ばかりする人に自信を

つけてもらいます。

 

 

誰しも長所はあり、言い訳ばかりする人にも

必ず長所はあるでしょう。

もしも長所がないと思う場合は、

あなたの視点が悪いだけです。

 

「なんでここまでしなきゃいけないんだ!」

と思うかもしれません。

 

それでも長期的に見れば

今長所を探して褒めちぎるべきです。

言い訳をしなくなる可能性も高いですよ。

 

理由を聞いてみる

理由を聞いてみる

 

言い訳ばかりする人に

直接理由を聞いてみましょう。

 

あなたの頭の中では、

「言い訳ばかりするから使えない」と

偏見があるかもしれません。

 

言い訳ばかりする人の事情は

考えたことがありますか?

 

 

言い訳ばかりする人も言い訳は良くないと

思っている場合がほとんどです。

それでも言い訳をしてしまう理由って

なんでしょうね。

 

想像はいくらでもできます。

しかし、言い訳ばかりする人が話した言葉が

正解ですよね。

 

 

あなたが言い訳ばかりする本人に

理由を聞いたことがないのなら、

それは真実ではありません。

 

1番の対処法は理由を聞くことです。

 

言い訳の言葉を変えてもらう

言い訳の言葉を変えてもらう

 

言い訳と言えば

「でも、、」「だって、、」が

思い浮かびますよね。

 

言い訳ばかりする人の口癖に

なっているでしょう。

口癖を変えるには

上書きするしかありません。

 

言い訳の言葉を変えてもらいます!

 

 

基本的には「うん」や「はい」を

反射的に言うべきでしょう。

 

反応までに一呼吸置くことができ、

言い訳の回数はかなり減ります。

また、言い訳をしても本人が気づけるので

自然と改善されていくでしょう。

 

 

他には下の記事を参考にしてください。

誰もが使うべき口癖を紹介しております。

 

 

まとめ

まとめ

 

・責任を負いたくない

・自分の行いを正当化したい

・言い訳をすれば許されると思っている

以上が言い訳ばかりする人の心理、

 

1.言い訳は気にしない

2.初めから責任を持たせてみる

3.褒めちぎる

4.理由を聞いてみる

5.言い訳の言葉を変えてもらう

以上が言い訳ばかりする人への対処法です。

 

 

あなたの中で何かきっかけは掴めましたか?

 

繰り返しにはなりますが、1番の対処法は

本人に理由を聞くことだと思います。

 

なぜなら次の対応がすぐにわかるからです。

 

「だって、本当に能力がないんですよ、、」

と言えば自信をつけてもらうために

褒めちぎるべきでしょう。

 

 

言い訳ばかりでイライラするのではなく、

なぜ言い訳をしてしまうのか、

どうすれば言い訳をしないのかなど、

しっかりと向き合っていきたいですね。

 

 

あなたはどうしますか?

 

-人間関係
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.