Uncategorized

レポートめんどくさい大学生へ。気づいたら終わる!?早く書く方法!

投稿日:

存確認OK!

どうも、のぶです。

 

今回はレポートがめんどくさいと考える

大学生に向けて早く書く方法を紹介します。

 

大学の課題=レポートなイメージが

私にはあります。

レポート以外思い浮かばないんでしょうね笑

 

レポートなんて書かずに

さっさと遊びたいですよね。

レポートに使った時間で

バイトしたかったですよね。

 

 

3分だけ時間をください。

レポートを早く終わらせるコツを教えます。

3分見るだけで

これからの大学生活の時間が増えますよ!

 

 

 

 

レポートを早く書く方法

レポートを早く書く方法

 

大学生のレポートは

小学生のテストみたいなものですね。

やらなければいけないけど

やりたくないものです。

 

 

まずはレポートをやるべき理由を

考えてみましょう。

モチベーションを上げれば

一気に終わらせやすくなります。

 

とは言っても

やる理由なんて思いつきませんよね。

 

それならなぜ大学はレポートを

やらせてくるのでしょう。

 

あなたの大学が考えてるかわかりませんが、

レポートは社会人に必要不可欠な能力を

付けてくれます。

 

社会人に必要不可欠な能力

と言えばなんでしょうか?

 

 

報告・連絡・相談、略して報連相ですね。

報連相をするときは

必ず言葉で伝えなければなりません。

 

レポートは言葉で伝える能力を

付けることができます。

 

友達同士なら

あなたの言いたいことをウワーッと

話しても大丈夫でしょう。

 

しかし報連相は相手に理解してもらうことで

伝えたということになります。

 

レポートを友達と話すように

書く人はいませんよね?笑

手紙とか交換日記とかじゃないですからね。

 

なのでレポートにも書き方があります。

早く書くコツはテンプレ(型)を覚えてから、

テンプレを頭の中で組み立てるだけです。

 

無意識に組み立てられるようになれば

レポートなんて秒で終わります笑

 

言いたいことを決める

言いたいことを決める

 

あなたの作成するレポートの主張を

決めましょう。

全体を通してこれが言いたい!

ってことです。

 

万が一ない方へ。

これは悪用禁止ですよ?

先生が喜びそうなことを

主張にしちゃいましょう。

 

講義中に大切だと思うことに目をつけて、

それを書くだけです。

先生の喜ぶことが主張できたら

成績なんて爆上がり間違いなしです笑

 

なぜ言いたいことを決める必要が

あるんでしょうか。

それは言いたいことが目印になるからです。

 

目印があれば途中で何書いてんだろ

思うことがなくなります。

最終的にこれを伝えれば良いとわかるので

修正がしやすいんですね。

 

主張はレポートにとっての

羅針盤のようなものです。

 

理由を考える

理由を考える

 

言いたいことを

そのまま言うだけでは戦闘力は低いです。

 

子供が「買ってー買ってー!」と

泣き喚くのと同レベルだと思いましょう。

子供は可愛げがあるので許されますね。

 

大学生のあなたが子供のように

言いたいことだけをいう姿は、、、

想像したくもありません笑

 

大人になるために

言いたいことが伝わる理由を考えましょう。

 

先生が喜びそうな主張を考えている場合は

少し頑張りどころですね。

なぜなら先生の喜びそうな理由を考える必要があるからです。

 

簡単な方法としては

言いたいことに対して

なぜ?」「どうして?」と

疑問をぶつけましょう。

 

「買って買ってー!」に対して

「なんで買って欲しいの?」と

聞いたとしますね。

 

「欲しい欲しい欲しい!」という子供A

 

「他のおもちゃと違ってコスパ良いんだよ、

頭も良くなりそうだ、

買ってくださったら幼稚園も頑張れる」

というB

 

納得して買うのは(子供)Bですね。

なぜなら理由があるからです。

 

「買って欲しい」という

主張を理解させるための理由が

あることによって主張がはっきりします。

 

言いたいことだけを書いたのは

ただの作文です笑

理由を考えてレポートにしていきましょう。

 

書く

早く書く

 

主張が決まって理由を考えたら

書くしかありません。

 

ただ注意が必要なのが文字数。

あなたのレポートは何文字でしょう。

 

何文字であっても多いですよね。

主張や理由だけを書いても足りません。

 

そのために出来る限り字数を稼ぎましょう。

同じ文じゃなければ

似たようなこと書くのもありです。

 

それだけ主張したいことでしたって言えば

何とかなります。

(※ご使用は自己責任)

 

書き方としては、

〇〇(主張)だと考える

なぜなら〜だからである

という風に書くと雰囲気は良くなります。

 

もしもPCでレポート書いているなら

タイピングを練習しましょう。

キーの位置を覚えて回数こなせば

タイピングは速くなります。

 

正直書く作業がめんどくさいですよね。

 

そこは我慢するしかありません。

単位のために、先生のために笑、

遊びのために頑張りましょう。

 

さいごに

 

以上がめんどくさいレポートを

速く書く方法でした。

 

大学生活でレポートは欠かせません。

そのレポートを攻略することで

時間がかなり増えます。

 

この記事でお伝えしたことは

私が実践している方法でもあります。

この方法で1000字くらいなら

20分程度で終わるレベルまでいきました。

 

レポート書くときだけ一気に集中すれば

速く終わらせることができます。

もう本当に気づいたら終わってますよ笑

 

-Uncategorized
-

Copyright© のぶは毎日生きている。 , 2019 All Rights Reserved.