生き方

繊細な人の特徴8個。「私は刺激に敏感で難しい性格です」

投稿日:6月 27, 2019 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

生存確認OK!

どうも、のぶです。

 

今回は繊細な人の特徴を話していきます。

 

周りの刺激に敏感な人

あなたの近くにいるでしょうか?

それともあなた自身が繊細な人でしょうか?

 

 

繊細というだけあって刺激にとても敏感で、

小さな出来事でもパワーを消費します。

 

特に人会うのはなかなか大変、、

無意識に観察をしてしまうので、

気付かぬうちにパワー切れです、、

 

繊細ではない人から見れば

「何言ってるの?」と感じますよね。

本当に理解しづらくて難しいと、

繊細な私自身も思っています笑

 

 

少しでも理解してもらうために!

繊細な私が、繊細な人の特徴を紹介します。

 

繊細ではない人は「こんな感じなのか」、

繊細な人は「自分だけじゃなかったんだ」と

思ってもらえたら嬉しいです!

 

 

 

 

繊細な人の特徴

繊細な人の特徴

 

繊細な人に対して

どんなイメージがありますか?

 

臆病でビビり

感情がわからず扱いが難しい

悪い人ではなさそう

読書好きそう

色々なところを見てる

 

 

色々なイメージがありますよね。

イメージなので

合ってる部分と合ってない部分があります。

 

例えば、

読書が好きそうは間違ってはいません。

 

私も読書は好きです。

 

しかし、

読書を好きになるのは

繊細な人の特徴があるからです。

 

読書の場合

「静かな空間が好き+共感する力が強い」

という特徴があるので、

読書に行き着くのだと私は考えています。

 

 

例のように、表面だけでは

わかりづらい部分が多いですよね、、

 

繊細な人自身に

「あなたの性格は?」と聞けば、

イメージではない事実を知れます。

それも難しいと思います、、

 

この記事では

以下の8つの特徴を紹介しますね!

1.周りの状況を上手く見れる

2.人混みが苦手

3.こだわる部分はこだわる

4.信用できるまでは警戒する

5.変化に気付きやすい

6.共感する力が強い

7.あまり話さない

8.落ち込みやすい

あなたのイメージと

一致しているでしょうか?

 

周りの状況を上手く見れる

周りの状況を上手く見れる

 

繊細な人の目を見ていると頻繁に動きます。

目を見られて「動いてる!」なんて

言われるのは嫌ですが、、

 

目が動いてないにしても、

繊細な人は常に視野を広くしてるので

周りの状況を上手く見ることができます。

 

 

学校の教室でも、

誰がどこにいるかは大体わかります。

「〇〇どこ行ったの?」という質問には

いつも私が答えてました笑

 

私からすれば「何でわからないんだ?」と

思ってしまいます。

 

嫌味に聞こえるかもしれませんが、

繊細な人は無意識で周りを見るので、

小さい頃から周りの状況には敏感です。

 

元からの性格だったので、

周りの状況をわからない事がわかりません。

 

 

ただ、周りの状況を見れるのは

良いことだけではありません、、

状況を見てれば

脳で処理が起きるので消耗します。

 

周り見なければ済むよねと言われます。

しかし、無意識なので

周りの状況を見なくする事が出来ません。

 

外に出れば周りの状況を見てしまい、

消耗してしまう。

だからこそ家が好きだったり、

1人が好きだったりします。

 

人混みが苦手

人混みが苦手

 

満員電車とかキツいです、、

公共の乗り物なので仕方はないですけどね。

私の場合は

読書で現実逃避をして乗り越えてますよ笑

 

なぜ人混みが苦手かと言うと、

センサーが反応してしまうからです。

 

「え?なに?」

と繊細ではない人は思うはずです。

 

繊細な人は何気ない変化でも

周りの状況を細かく観察しています。

 

 

それが人混みならどうでしょう?

 

 

当たり前すぎますが、

人間って動きますよね?

繊細な人は細かな動きでも

無意識に反応してしまいます。

 

1人でも消耗するのにそれ以上増えたら、、

 

あとは純粋に、

大勢の圧迫感や息苦しさもありますね。

聴覚も視覚も静かな空間が好きです。

 

こだわる部分はこだわる

こだわる部分はこだわる

 

繊細な人は

空間づくりにこだわる人が多い気がします。

部屋が少し変わってるとも言えますね。

 

特に部屋でも本棚はこだわります。

ジャンル別か作者ごとで、

左から背の高い順など。

 

 

あなたも何かへのこだわりがありませんか?

 

 

繊細な人でなくても、

こだわる部分はこだわってると思います。

 

こだわって並べた本が

ズレていたら違和感を感じて、

直さないと気が済まないですよね。

 

繊細な人は繊細ではない人より、

ちょっと敏感なだけであまり変わりません。

 

信用できるまでは警戒する

信用できるまでは警戒する

 

警戒心は間違いなくトップクラスです。

信用するまでは警戒します。

 

言葉通り繊細なため、打たれ弱いです。

簡単に信用して

簡単に裏切られるとかなり病みます、、

 

それなら慎重に仲を深めて、

長く関わっていたいです。

 

繊細な人の交友関係は、狭く深くですね。

 

 

今では私も

人を信じれるようになりましたが、

昔までは「他人はいつか絶対裏切る」と

思ってました。

 

我ながら尖った性格ですね、、笑

 

ただ、裏切られて傷付くのが

辛くて辛くて仕方がないのです。

 

変化に気付きやすい

変化に気付きやすい

 

見た目の変化はもちろんですが、

雰囲気の変化に気付きやすいのが特徴です。

 

「あの人いい事あったのかな」

「昨日嫌な事あったんだろうな」

「機嫌悪くなってきてる」

「この話題は楽しそう」

 

ふとした時に変化に気付きます。

 

 

私も変化に気付きやすいみたいで、

小学生の頃には「あ、〇〇怒った、、」と

感じ取ってました。

 

だけど周りの人は気にしてません。

そして、最終的には完全に怒って

「うわー!」って感じになってましたね笑

 

 

繊細ではない人も

ある程度は変化に気づきますよね。

しかし、繊細な人は

かなり早い段階から変化に気付きます。

 

臆病でビビリだと思われるのも、

気付きやすいからでしょう。

 

共感する力が強い

共感する力が強い

 

向いてる仕事が

カウンセラーと言われるのも、

共感する力が強いからでしょう。

 

繊細な人は、内側から出る

感情や思考を大切にしています。

 

そのため、

感じ取った気持ちが小さかったとしても、

自身の内側に視点を向ける事で

相手の気持ちを自分ごとに捉えられます。

 

 

「どういった感覚なの?」と

思う方もいるでしょう。

相手が話さなくてもわかる感覚です笑

 

どういった想いを乗せて

言葉にしているかを感じとれるので、

少ない会話で気持ちを理解できます。

 

言葉や表情、声から

秘められたものが見れる感覚と

言えばわかるでしょうか?

直感に似ているかもしれません!

 

説明するのは難しいですね、、笑

 

もしも私が知人から

「共感する感覚ってどんな感じ?」

と質問されたら

「ヒューっと相手の体に憑依して、

話していない気持ちも理解できる感じ!」

と答えます!

 

 

伝わりづらかったらすみません、、

 

あまり話さない

あまり話さない

 

繊細な人はかなり無口ですね、、

基本的には周りの意見を聞いています。

 

理由としては2つあります。

・話すのが苦手

・周りの状況を見るので精一杯

 

 

繊細な人は小さい頃から話をしません。

周りの人が話しているので、

自分が話す必要はないと思っています。

 

そうすると

話す機会はどんどん減っていきますよね、、

 

気が付いたら大人になって

話が苦手になっています。

私は話す本を読んだりして勉強したので、

ほんの少しはマシになりました。

 

しかし、

中には話すのが苦手で無口な人もいます。

 

話すのが苦手か、警戒しているか、

考え事をしているかのどれかなので

優しくしてください笑

 

 

また、周りの状況を見るので精一杯だから

話さないこともあります。

難しい話になると

理解するだけでも大変ですよね、、

 

繊細な人は、

話を理解するために頑張る+

無意識にセンサーが発動するので

かなり消耗します。

 

話してる人だけでなく、

聞いてる人の表情も観察します。

 

そんな状況で話すなんて

ハードルが高すぎます、、

 

話を理解+周りを観察+話すの3つを

同時にできません。

許してください笑

 

落ち込みやすい

落ち込みやすい

 

繊細の言葉通り、落ち込みやすいです。

ガラスのハートのように

壊れたらパリーンというよりは、

壊れやすい部分が多いハートです。

 

頻繁に落ち込みますが、

色々積み重ならない限り

壊れることはありません。

 

 

周りを見て怯えているので

落ち込みやすくなってるのだと思います。

直そうと思わなければ直せないですね、、

 

一度落ち込んだら

どんどん気分は下がっていくでしょう。

内側に視点が向いてるからこそ、

落ち込んだという感情が膨らんでいきます。

 

 

まとめ

まとめ

 

1.周りの状況を上手く見れる

2.人混みが苦手

3.こだわる部分はこだわる

4.信用できるまでは警戒する

5.変化に気付きやすい

6.共感する力が強い

7.あまり話さない

8.落ち込みやすい

 

以上の8個を

繊細な人の特徴として紹介しました。

 

 

あなたのイメージは変わったでしょうか?

 

私自身、繊細な人は難しいと思います。

ただ、人間なら誰し

も難しい部分が1つくらいありますよね。

 

 

誰にでもある難しい部分を、

個性として受け入れてみませんか?

 

 

 

オススメの本

「繊細さん」の本 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる [ 武田友紀 ]

created by Rinker
¥1,324 (2019/10/23 20:31:52時点 楽天市場調べ-詳細)

 

-生き方
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.