Uncategorized

「〇〇しないだけ!」人見知りの克服を諦めていませんか?

投稿日:

存確認OK!

どうも、のぶです。

 

今回は人見知りを克服する方法を

話していきたいと思います。

 

初対面だとどう話して良いかわからない、、

何だか落ち着かない、、

 

その場限りと決まっていれば話せるけれど、

明日も会うかもしれない人だと

思うと緊張してしまうものです。

 

高校の入学式など新しい出会いの季節には、

「人見知り改善したい」と考えますよね。

 

 

改善する方法検索しても、

〇〇しよう!と書かれていて

ハードルが高く感じるのではありませんか?

 

この記事はタイトル通り、

〇〇しないと言ったように

しないことを決めていきます。

ハードルが低いと思って頂けたら幸いです。

 

 

初対面の人と円滑に仲良くなりたいですか?

そのためには

人見知りを克服する必要があります。

 

新鮮なあなたに変わっちゃいましょう!!

 

 

 

 

あなたが人見知りな原因

あなたが人見知りな原因

 

あなたが人見知りな原因って何ですか?

思い浮かんだら苦労しないですよね、、

 

 

私も以前までは

初対面の人と話すのが苦手でした。

 

典型的な天気の話とか出身地の話とかすれば

「テンプレ使うなんて人見知りかな?」

と思われそうで、

上手く言葉が見つからなかったです。

 

改善したとは言え、

まだまだ人見知りの私が考える

あなたが人見知りな原因は2つです。

 

 

・克服する機会がなかった

・周りからの視線を気にしてしまう

 

 

1つずつお話ししますね。

 

克服する機会がなかった

克服する機会がなかった

 

人見知りになる根本は

小さい頃の環境が大きいようです。

 

そうすると物心がついても無意識的に

人見知りになってしまいます。

人見知りという言葉を知るまでは

克服する機会を作る人はいないはずです。

 

 

10年以上機会がなければ

体に染み付いてしまいます。

別に克服する必要はないんじゃないか

と思うこともあるでしょう。

 

 

実際に困ることは少ないと思います。

人に会わないようにすれば

問題はないですよね。

 

 

人見知りな私は

意識して克服する機会を作りました。

 

どうすれば改善するか、

少しでも良くなるか。

コミュニケーションの本を

いくつか読みました。

 

その結果、人見知りを克服するためには

機会を作る必要があると私は思っています。

 

周りからの視線が気になる

周りからの視線が気になる

 

周りからの視線を気にしてませんか?

 

しっかりと場の状況を分析できるという長所

なので良いことでもあります。

しかし、気にしすぎは良くないです。

 

初対面の人と話す時に

「こう言ったら変に思われるだろうな」

「急に話しかけて嫌われないかな?」

と考えてしまいますよね。

 

周りの視線を気にしてしまうからこそ

悩んでしまいます。

 

 

難しい部分ですよね、、

考えないのも良くないし、

考えすぎも良くないなんて、、

 

私は場合によって切り替えています。

1対1なら相手の視線を気にしません。

反対に大勢なら最初に周りを観察します。

 

 

何れにしても、

どうすればあなたは周りの目線を気にせずに

話せるかを考えてみましょう。

 

 

〇〇しないだけの人見知り克服法

〇〇しないだけの人見知り克服法

 

それではハードルの低い、

〇〇しないだけの人見知り克服法を

話していきますね。

 

克服法は全部で7つありますが、

7つ全てを実行するのは難しいでしょう。

 

しかし、1つだけでも

効果があまり期待できません。

2つ以上を実践することをオススメします。

 

・周りの視線を気にしない

・ネガティブな考えをしない

・1人反省会をしない

・話し手になろうとしない

・無表情で接しない

・見た目をおろそかにしない

・人見知りを隠そうとしない

 

周りの視線を気にしない

周りの視線を気にしない

 

こう言ったら変に思われる、、

変に思われたら嫌われる、、

 

確かに私も怖かったです。

相手を知った状態で会える能力が

もらえるならぜひ欲しいものです。

 

何も知らない状態からでは

どこから接して良いかわかりませんよね。

共感していただける方が

多いのではないでしょうか?

 

 

周りの視線を気にしないようにしたら

どうなるのか。

私は嫌われる前提で

話しかけられるようになりました。

 

嫌われるのは私も怖いです。

けれど意外にも嫌われることはありません。

 

相手から話しかけてこない時点で

相手も困っているんですよ。

 

視線を気にせずに、

こちらから話しかけることで

親密になるのが早い気がします。

 

そこから少しずつ関係を調節していけたら

良いですよね。

 

 

最初は周りの視線を気にしないのは

ハードルが高いです。

しかし、1度気にしなくなると

案外吹っ切れるものです。

 

嫌われたくない方は

こちらの本を読んでみてください。

 

ネガティブな考えをしない

ネガティブな考えをしない

 

人見知りはダメなんだ、、

どうにか克服しないと、、

あなた自身を責める必要はありません。

 

 

人見知りであっても、

この記事で紹介している方法を実践すれば

初対面から話すことは可能になります。

 

社会的にコミュニケーション力は、

大切と言われています。

 

だからと言って、

コミュニケーション能力がないから

ダメなわけではありません。

それに後天的に勉強をすれば克服できます。

 

 

ネガティブな考えをしないのは

難しいでしょうか?

ポジティブになる必要はありません。

 

悲観的な考えになりそうになったら、

一歩引いて

悲観的な考えを受け入れてみましょう。

 

1人反省会をしない

1人反省会をしない

 

今日初対面の人に会ったけど

あの対応は良くなかったよな、、

次会ったら無視されるかもしれない、、

 

私もよく1人反省会をしてました。

大体は、次は失敗しないようにしよ、、

と考えて終わります。

 

 

その1人反省会をしないでください!

私はそんなこと無理でした。

1人反省会をしないなんてできません。

 

あなたが1人反省会をしているとしたら

わかっていただけますよね?

 

 

それでも私は

1人反省会をしないことに決めました。

 

その代わりに1人激励会を始めました。

どこが良かったのかを考えるだけです。

 

話しかけてもらった時に

笑顔で受け答えができてたから

次も続けよう!といった感じですね。

 

 

1人反省会をしているあなたも

今日から1人激励会に変更しませんか?

 

話し手になろうとしない

話し手になろうとしない

 

話さなきゃ、話さなきゃ、、

そんな風に考えていませんか?

 

お互いに話さない状況であれば、

話さなければ会話は始まりませんね。

 

勇気がいるのは最初の一歩だけです。

会話が始まれば

あなたが話す必要はありません。

相手にどんどん話してもらいます。

 

 

人見知りであれば

話し手になろうとしないことです。

その代わり最高の聞き手になりましょう。

 

 

心理学では話している時に

快楽物質が出ると言われています。

 

なので、相手に話を多くさせるほど

あなたとの会話が楽しいと感じて

お互いの好感度が上がります。

 

 

最高の聞き手ってどうなるの?

 

そう思う方も多いでしょう。

以下を参考にしてみてください。

 

 

無表情で接しない

無表情で接しない

 

話しかけて良いのかな、、

迷惑かな、、

 

無表情だとそんな風に思われてしまいます。

人見知りだから

無表情になってしまうのは仕方ありません。

私も同じなのでわかります。

 

 

せめて話しかけてもらった時は

機嫌を良く返事をしましょう。

 

相手も勇気を出しているはずです。

その感謝の気持ちを

表情で伝えてみましょう。

 

 

やっぱり無表情は怖いですからね。

立場を反対にして

考えるとわかると思います。

 

頑張って話しかけたのに

無表情だとどう思いますか?

 

見た目をおそろかにしない

見た目をおそろかにしない

 

スーツを着ていると

何だか自信が湧いてきませんか?

私だけですかね、、

 

 

女性は見た目に自信を持つために

化粧をしている人も多いです。

マナーとして仕方なく

化粧している人もいますね。

 

 

自信を持つためには

自信を持てる外見を作りましょう!

 

好きな服を着る、

高い時計を着ける、

靴を磨く。

 

見た目に自信を持てば自然と

内面にも自信が持てるようになります。

 

 

そうすると、話しかけて良いのかな、、

と悲観的になりにくくなります。

 

結果的に人見知りであることを

忘れられるんです。

 

この服を着た時の自分は人見知りじゃない!

とスイッチのように切り替えるのも

有効な手ですね。

 

人見知りを隠そうとしない

人見知りを隠そうとしない

 

人見知りはダメだ、、

バレちゃいけない、、

隠さないと、、

 

私はそんな風には思いません。

人見知りを隠さなければいけない理由って

なんでしょう?

 

 

一度立場を変えて考えてみましょう。

とあるイベントに行った時に

自己紹介をすることになりました。

 

ある人が「人見知りなので

話しかけてくれたら嬉しいです!」

と言っていたらあなたはどう思いますか?

 

すごい勇気だなーって

純粋に感心しませんか?

その勇気に盛大な拍手を贈りたいほどです。

 

勇気を出したおかげで、

その人は色々な人から

話しかけてもらえるでしょう。

 

下手に隠すよりは

人見知りを公言してしまった方が

楽になれます。

 

勇気は一瞬ですが、後悔は一生残ります。

それに着飾らずに、ありのままで

接することができるようになれます。

 

 

最初に人見知りです!と言う時だけ

勇気が必要になりますが、

それだけで何も気にする必要が

なくなるんですよ?

 

万が一、人見知りだからと

馬鹿にする人がいたら

関わらなければ良い話です。

 

 

99%は人見知りと公言した勇気を

好意的に捉えてくれますよ!

 

さいごに

さいごに

 

〇〇しない人見知り克服法は

いかがだったでしょう。

 

どれか1つだけでもしないことを

してくれたら嬉しいです。

何だか複雑な表現ですね笑

文字だけで伝えるって難しいです、、

 

 

やっぱり人は

直接対面して話すことが

大切だと私は思っています。

 

言葉では読み取れない、

表情や仕草、態度からも

コミュニケーションは

生まれていますからね。

 

そう考えると人見知りも

一種の表現方法なのかもしれません。

 

 

それでもあなたが

人見知りを克服したいと考えるのには

それなりの理由があると思っています。

 

悪い印象を与えてから

良い印象を持ってもらうのは至難の技です。

私も人見知りのせいで

色々と苦労をしてきました。

 

 

人見知りを克服すると

人と会うのが楽しくなります。

今は想像できないかもしれません、、

 

 

〇〇しないを意識して

人見知りを克服しませんか?

 

 

オススメの本

 

-Uncategorized

Copyright© のぶ media , 2019 All Rights Reserved.